MENU

妊娠中は肌のトラブルが耐えない。

 

妊娠してから敏感肌に...原因って一体!?


 

 

女性は妊娠すると肌の質が普段に比べて非常に不安定で変化しやすくなります。これは妊娠によるホルモンバランスの変化が関係しているからです。妊娠してから敏感肌になり、ニキビなどの肌トラブルが増える方は多くいます。

 

これはつわり等もホルモンバランスが影響しているので、何もお肌に限ったことではありませんが、妊娠中は心身ともにデリケートです。妊娠が成立すると、体内では出産に向けて、ママの気持ちなどお構いなしに、着々と準備が進んでいきます。ホルモンバランスは変化し、体のあちこちに変化があらわれます。

 

程度に差はあっても、妊娠すると普段よりもお肌が敏感な状態になるのは確かです。妊娠して「愛用していた化粧品が合わなくなった」などと感じられた場合、敏感肌を疑って、優しいケアをしてあげましょう!


 

敏感肌の原因は?

妊娠中の敏感肌は、妊娠によるホルモンバランスの変化が主要な原因と考えられます。ホルモンバランスの変化や乱れは、肌質の変化や、肌トラブルを招いたりもしますし、つわり等の症状もここに因果関係があります。

 

化粧品が合わなくなった場合は、より低刺激性のものや敏感肌用の化粧品を選んでみましょう。それまでは敏感肌ではなかった方も、自分のお肌のコンディションを見極めて、優しいケアを心がけて下さい。

 

敏感肌にオススメの国産オーガニックコスメ

そんな敏感肌の時にオススメしたいのが、国産オーガニックコスメです。 日本での規制ではまだまだ完全にオーガニック市場が未成熟な部分はありますが、肌に負担のかかるケミカルに比べて植物性の優しさや香りはそれはそれは素晴らしい物があります。 これから妊娠〜出産と赤ちゃんにも優しい植物由来を初めてみませんか?

 

 

 

ベルタマザークリームが多くの妊婦さんに選ばれる理由

ベルタマザークリームの効果

先輩ママさんの妊娠線予防

その他

このページの先頭へ