MENU

シラノール誘導体の正式名は!?

ベルタ妊娠線クリームの代表成分でもあるシラノール誘導体とはいったいどんな成分で、どんな効果があるのかはここでも紹介しました!

 

ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体

 

しかし、まだまだこの成分を詳しくは解説しきれませんでした! そんなに凄い成分なら気になった方も多い思います。

 

シラノール誘導体とは、正式に言うと、アスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンといい、研究で発表されたもので主に
コラーゲンに対する再構築作用および皮膚弾力に対する修復作用をもつことが証明されています。

 

これは、コラーゲンに特有なアミノ酸で、コラーゲンの合成促進作用があり、ハリや弾力のある肌に導く効果があるとされており、主な使い方は、アミノ酸誘導体や保湿剤として使用されています。

 

美医療業界では主に「シミ、しわ、くすみやたるみ」等の肌トラブルで有効であり優れた効果実績を上げています。

 

 

  1. アミノ酸とコラーゲンの関係

コラーゲンの働きを期待するなら、アミノ酸を肌に直接補給する方が効率的です。
これは、化粧品に限らずサプリメントに関しても同じことがいえ、サプリメントに配合されるコラーゲンは一度体内でアミノ酸に分解されてから吸収されます。
分解の必要がないアミノ酸そのものを肌に浸透させる方が効率的です。
アミノ酸の働きで生成されるコラーゲンやエラスチンは、皮膚のはりやつや、弾力性に欠かせないものです。

  1. シワ、タルミの原因は、傷ついた真皮層のコラーゲン線維にあり

私たちの肌は、さまざまな要因によってダメージを受けると皮膚組織のMMP(マトリックスメタプロテアーゼ)という酵素の働きが活性化します。MMPは、真皮層のコラーゲンやエラスチンを破壊して肌の弾力を奪い、表皮にシワやタルミを引き起こし、肌老化を促進させます。

  1. MS-PMDは、MMPから肌を守り、ダメージを修復。

その秘密はプロテオグリカンとアミノ酸の複合配合!!
MS-PMDは、表皮の土台となる真皮層をMMPから保護し、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、シワやタルミを真皮層から持ち上げるように改善し、弾力とハリのある肌へと導きます。
MS-PMDのプロテオグリカンについて
プロテオグリカンはMMPの働きを抑制します。弾力に満ちたコラーゲンの生成を促します。
MS-PMDのアミノ酸について
アミノ酸はコラーゲン生成に必要な栄養素です。やせ細ったコラーゲンを修復します。

 

引用元:特定医療法人”木村病院”http://www.kimura-hp.or.jp/skincare/doctorscosme3.htm

 

 

このようにシラノール誘導体は皮膚から皮下組織への浸透力を飛躍的に高め、肌のすみずみに効率よく届くように開発された成分であり、肌に対する効果と安定性に優れ、皮膚細胞全体を活性化するとおう作用も持ち合わせているということがお分かりになりましたでしょうか!?

 

他にもこんな効果効能も見られ海外の美医療業界でも絶賛された成分というのが納得いきますね!

 

【アセチルヒドロキシプロリンの特徴】

  • 高い経皮吸収性
  • 皮膚状態を改善
  • 皮膚セラミド量を増加
  • 皮膚の弾力性を改善
  • 皮膚の柔軟性を改善
  • しわの改善
  • アトピー性皮膚炎の緩和
  • 表皮ケラチノサイトの増殖
  • 線維芽細胞におけるコラーゲン合成促進
  • 医薬部外品に配合可能

ベルタマザークリームが多くの妊婦さんに選ばれる理由

ベルタマザークリームの効果

先輩ママさんの妊娠線予防

その他

このページの先頭へ