MENU

高い保湿効果...なぜ!?

ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体,セラミド

妊娠線予防には大きくなってくるお腹に引っ張られる皮膚の乾燥を防ぐ保湿が大切ですが、保湿はセラミド配合の予防クリームが最も保湿力が強いといえます。

 

また加齢や女性ホルモンのバランス崩れとともに失われていくセラミドを補うということは、とても理にかなっているのです。

 

ベルタマザークリームはセラミド2配合!

 

セラミド配合の保湿クリームを選ぶ際は、いくつかのポイントがあります。

 

成分表示上にセラミド2、セラミド3など、数字のついたセラミドの表記があるものが、本物のセラミドです。

 

乾燥がさほど激しくない人は、セラミドでなくてもヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を配合した美容液でもよいでしょうが、妊娠線予防となるとこれらの成分では少し物足りないといえるでしょう。

 

妊娠線クリームを手にとったら、すりこまず、肌に載せるようにつけていきましょう。量をけちらずたっぷり使うことも重要です。

 

なんと、セラミドが十分にある肌では、湿度が0%になっても肌から水分は蒸発しません。

 

だから人間は砂漠でも生きていかれるという凄い検証結果も研究で発表されています。

 

セラミド2の役割とは?

 

セラミドは1,2,3と種類の違いで性質も異なります。

 

ベルタマザークリームに含まれるセラミド2の性質は

 

「保湿をサポート」することにあります。

 

そして、セラミド2はセラミドのなかでも最も高い保湿機能を持つと言われおり、このセラミド2の量の増減によって、肌の乾燥具合は大きく変わります。


乾燥しやすい時期は特に注意が必要!

 

乾燥が気になり始める秋から冬にかけての季節。この時期から、特に妊娠線予防ケアをどうしたらよいのでしょうか。

 

「毎年冬場にはエアコンで肌が乾燥して・・」と言う人がいます。

 

しかし、肌の乾燥の原因をエアコンなどの空気の乾燥に求めてはいけません。肌の潤いの仕組みを、まずは知っておくのが大切。

 

角層の水分量を保つ

角層という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

 

肌の表面には、角層と呼ばれる、死んだ細胞の層があって、ここに水分が約30%あるのが正常で、それ以下になったものが一般的に乾燥肌と言われます。

 

そしてその角層の水分を維持しているものは、セラミドです。

 

このセラミドが水と結合して、蒸発を防ぐことで肌の水分は維持されているのです。

 

ただでさえ乾燥しやすい妊娠線の予防には季節の事も考慮した保湿が必要になるので今まで以上にしっかりと保湿ケアをしていきましょう!

ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体,セラミドベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体,セラミド
ベルタマザークリーム,効果,シラノール誘導体,セラミド

ベルタマザークリームが多くの妊婦さんに選ばれる理由

ベルタマザークリームの効果

先輩ママさんの妊娠線予防

その他

このページの先頭へ